» 巴農場のブログ記事

巴農場の水田です。
7月の雨と冷夏で北海道のお米は不作という(作況指数85)が発表されました。
しかし何とかこのところの晴天で持ち直し加減な状況です。
何とか晴天が続いてくれると良いのですが・・・
また雨&低温という事態になってしまうと平成5年の米騒動の再来です。(平成5年の作況指数は74)
今年は販売開始も例年より遅れそうです。
とにかく祈るばかりです・・・

20090807-1.jpg
 
20090807-2.jpg

これまで北海道の代表的なお米は「きらら397」でした。

それが今年の見込み作付け面積から「ななつぼし」が逆転するとのことです。

「ななつぼし」の方が粘り気があり、食味も良く、耐冷性も強いことが理由です。

「ななつぼし」「ほしのゆめ」そして「おぼろづき」の開発により北海道のお米はおいしいと言われるようになりました。今年からはこれまでで最も食味が良いとされる期待の新品種「ゆめぴりか」が登場すると言われています。

巴農場は土壌の良さから毎年おいしいお米を作っています。
巴農場の「ななつぼし」「ほしのゆめ」「おぼろづき」をどうぞご賞味下さい。

巴農場のお米

えべつもぉる!はこちらから

アーカイブ