» 菊水のブログ記事

本日2009年9月1日にリニューアルされた菊水「江別小麦手打ち麺」のパッケージにえべチュンが登場しました。
昨年から告知しておりましたがやっと発売開始となりました。

パッケージの表では生産者の紹介をしています。
img_0863.jpg

パッケージの裏面では江別小麦めんを紹介するORコードがついています。
携帯サイトでは初公開のえべチュン4コマもあります。
FMパーソナリティの鈴木舞さんが描いてくれています。
img_0865.jpg

江別小麦めん 手打ち式味噌ラーメン
江別小麦めん 手打ち式醤油ラーメン

キラキラジュレ

| 菊水 | | コメントはまだありません

3月16日発売となった菊水 青じそ風味のキラキラジュレで食べるサラダ麺

特徴はかつお風味のジュレ(ゼリー)

siso1.jpg

麺に野菜を盛り付け青シソドレッシングをかけます。

siso3.jpg

ジュレは袋のまま揉みほぐします。

siso2.jpg

ジュレをかけたら混ぜ合わせて完成です。

さっぱりとした風味のドレッシングにつるつるもちもちのサラダ麺

オススメです。

菊水 青じそ風味のキラキラジュレで食べるサラダ麺

ラーメンサラダ

| 菊水 | | コメントはまだありません

北海道が発祥のラーメンサラダは札幌グランドホテル内のビアホールで生まれました。
北海道の居酒屋ではごく普通のポピュラーなメニューです。ラーメン屋にはありません。
簡単に説明するとラーメンサラダは冷やし中華(北海道では冷やしラーメンとも言います)のドレッシングバージョンとなるものです。
江別小麦でも当モールで扱っている菊水のサラダ麺があります。

ラーメンサラダのポータルサイト「ラーサラ三郎」
http://ra-sala.com/

菊水サラダ麺はこちら

今回販売が再開された春夏限定商品の「菊水 北の逸杯鰹だし醤油つけめん2人前」

江別小麦めんは2003年に江別ラーメンの取り組みが始まり、2004年に「あったかつけ麺」と「ひんやりつけ麺」の2種類から始まりました。その後、江別小麦めんへと名称が変更されます。

その原点とも言える「つけ麺」に、
つけ麺の人気店の味を研究して作り上げた、風味豊かな鰹だしに、ポークエキスを加えたコク深い味わいにだし感と酸味の利かせた“鰹だし醤油だれ”
をつけました。

つるつる、もちもちの食感。歯ごたえのの強さと滑らかさを併せ持つ、弾力のある太打ち麺。味わい豊かな“ハルユタカ”ならではの旨みが生きています。
鰹だしスープにお好みの具を添えてお召し上がり下さい。

katsuo.jpg

江別小麦めん手打ち式のパッケージは江別市内の小学生から募集した小麦絵画の作品を使用していましたが、新たに二点の作品を募集し、北の逸杯シリーズに採用されることになりました。

また、携帯電話で読み取るQRコードで江別の情報も発信。ご当地キャラクター「えべチュン」が江別に案内し、小麦生産者や過去の小麦絵画の優秀作品などを紹介するとの事です。

 以下、3月7日の北海道新聞からの抜粋です。

————————————— 

江別の小麦のすばらしさをPRしようと、江別市食育推進協議会が市内の小学生から募集した小麦絵画の審査が行われ、「江別小麦めん」のパッケージに採用する二点の作者に六日、感謝状と記念品が贈られた。市内の製めん会社「菊水」の製品の包装に使われる。

 採用されたのは、いずみ野小五年の伊藤有美さん(11)、江別第二小三年の大橋りかさん(9つ)。ラーメンが大好きな伊藤さんは、両親と三人でラーメン丼に向かい合った時の幸せな表情を描き、背景に江別の小麦畑、特産のれんがなどを描いた。

 大橋さんは昨年、江別の小麦に関する郷土学習で小麦畑を見学した時の様子を描いた。防除のトラクターが畑に入った跡が「迷路のようになっていて、走り回って楽しかった」という。

 これまで小麦絵画で採用された作品は、同社が江別市内限定販売の商品に採用していた。今回の二点は、全国に流通する「北の逸杯シリーズ」の今秋発売分から使用される。同社は、二作品を包装に印刷するほか、携帯電話で読み取るQRコードで江別の情報も発信。ご当地キャラクター「えべチュン」が江別に案内し、小麦生産者や過去の小麦絵画の優秀作品などを紹介する。

————————————–

komugi.jpg

菊水の人気商品の一つ、江別小麦サラダ麺のラインアップが一部変更になります。

 わさびドレッシングで食べるサラダ麺が3月15日で終了いたします。

それに変わり、3月16日より

青じそド風味のキラキラジュレで食べるサラダ麺が新発売となります。

新感覚!「青じそドレッシング」と「キラキラジュレ」のコラボレーション
 ●ノンオイル青じそドレッシング
 ヘルシータイプドレッシングの定番といえば「青じそドレッシング」。
 サラダ麺に合う様、酸味と甘みのバランスの良いスープに仕上げました。
 ●青じそ風味のキラキラジュレ
 キラキラと黄金色に輝くジュレを麺に絡めると、爽やかな酸味と鰹の風味が口の中
 に広がり、味・食感・見た目に楽しいサラダ麺が楽しめます。

ご期待下さい!!

saradajyure.jpg

今日のえべつもぉる!お薦めの一品は菊水さんの「名店の逸杯濃厚醤油味」です。

味噌味も美味しいのですが個人的に醤油好きなのでまずは醤油味をご紹介いたします。
麺は写真でおわかりになるように実にツルツルスベスベ、その喉越しの良さに感動します。
喉越しを味わってもらいたいと、発売当初は「つけめん」からスタートしたのが頷けます。
ツルツルの麺にスープを乗せるには、「作り方」に書かれているスープを溶くお湯の分量をちょっと少なめにしてみてください。
濃厚なスープとつややかな麺のマッチングがより引き立ちます。

菊水 名店の逸杯 濃厚醤油味 

今日は半熟たまご、白髪ネギ、ワカメをトッピングしてみました。

■半熟玉子の作り方
1.鍋に水をいれて生タマゴをいれます。
水はタマゴが隠れるくらい入れてくださいね。
2.沸騰するまでタマゴを常に動かしていてください。
そうすると黄身が真ん中になるんですよ。
3.茹で時間はMサイズ程度で沸騰してから6分15秒くらい。
今日のタマゴは6分ちょうどくらいなのでちょっとやわらかめです。
4.茹で上がったら水にさらします。

えべつもぉる!はこちらから

アーカイブ